WEBシステム開発は難しくない

| トラックバック(0)
WEBシステム開発というとすごく難しいことのように思うかも知れませんが、実際にはそうでもないのだそうです。
実際のところは簡単に作ることができます。
今までパソコンをしたことの無い人でも出来るのだそうです。
ただ、複雑なものになりますとパソコン歴の長い人でもなかなか出来ません。
そこで複雑なウェブシステムを開発したいという方でしたらシステム開発をしてくれる会社に依頼して作ってもらうのがいいと思います。
そうすることによって上手い具合に出来るかもしれないからです。
出来あがったときにはまずは確認してもらいたいと思います。
確認をして使いやすいのでしたらそのまま使ってもいいと思います。
他にも修正をしてもらいたいところがあるのでしたらしてもらってください。
誠実なところでしたらしてくれると思います。
いいところでしたらバグなどの発生しないように作ってくれますので安心かと思います。
いい会社を見つけてもらいたいです。

システム開発を依頼したいと思っている企業の方へ、
システム開発に際しては、社内でそのような人員がいれば、より緻密で貴社の要望にぴったりあったシステム開発をすることができると思いますが、実際には、システム開発を常に継続して続けるような仕事場でない限り、そのような人員を抱えていることは少ないのではないでしょうか?
そのような場合、お勧めしたいのが、システム開発をアウトソーシングするという考え方です。
システム開発については、プロジェクトごとに管理が可能なケースがほとんどですので、優秀なシステム開発会社を見つけて、プロジェクトとして案件を依頼するというのが、コスト的にも効率的にも一番よい方法といえるでしょう。
システム開発をどこの会社に依頼したらいいのか?ということについては、インターネットでいろいろ検索してみたり、そこでリストアップされる企業の口コミを調べてみることでよい出会いをみつけることができるでしょう。

クラウドでシステム開発をするためには知識が必要です。
スクールなどに通って知識を習得する方法もありますが、ネットなどを利用して知識を習得し、簡単なものでしたら自分で作ることも可能です。
是非皆さんも仕事の効率をよするために利用してみるといいのではと思います。
ちなみにこれを作ってくれるサービスもあります。
これは依頼者の依頼を聞いて希望のシステムを作ってくれるサービスなのです。
ですので何度も打ち合わせをした上でしなければいけません。
もしも間違ったものを作ってしまいますと全く役に立たないからです。
またバグなどがないようにするためにちゃんと何度も確かめることが大事です。
開発をするための知識が十分に備わっているところで依頼してもらいたいと思います。
もしもどこに依頼していいのか分からないのでしたら、とりあえず口コミなどで探してみるといいのではと思います。
そうすることによって、いいところがみつかるのではと 思いました。



ビジネスにおいて重要なのは利用者の心をいかにつかむかにあるでしょう。
利用者の心をつかむサービスの提供には、日々のリサーチなども重要になってきます。
利用者の反応をすぐに反映してくれるようなサービスをビジネスに利用できれば、とても有効的です。
そのようなサービスにフェイスブックがあります。
フェイスブックをビジネスに利用する会社も多くなってきて、インターネットビジネスをする場合にはいまや必須ツールともなっているのです。
facebookのアプリ開発をしている業者も多く存在して、売り上げ向上に貢献しているような企業もたくさん存在します。
フェイスブックは、とてもユーザー同士の交流が盛んです。
このため一人のユーザーがお勧めをすると、それがたくさんのユーザーに広がっていくのです。
広告費をかけるわけでもなく、どんどんと商品がフェイスブックを通じてたくさんの人々に広がっていくのです。
このようにフェイスブックにはビジネスにおいても大きな可能性があります。

生産システム開発部の仕事

| トラックバック(0)
以前は企業の生産システム開発部というところに所属しており、そこの仕事をしていました。
生産システム開発部の仕事は工場に収める機械を製作して、向上に納入し、保守、管理を行うのが仕事です。
生産システム開発部の発足した頃は自動機をつくるというのが大きな目標で作業者が独りもいなくても自動で製品をつくりつづけるというものでした。
ですが実際の機械をつくっていくと量産の機械は自動機ではさまざまな問題がでてくることもわかりました。
大きな問題は、機械は壊れるし、メンテナンスや整備が必ず必要ということです。
つまり人手をかけなければ機械は動かせないということです。
自動で物はつくってくれるわけですが、部品は磨耗したりするので、必ず保守、管理が必要となっていて、人手をゼロにするということは不可能だということがわかりました。
そして、製品の供給や運搬などの人手が必要ですので、結局完全な自動機というのは難しいということになりました。

来月ハワイに行こうと思っているので予約しようと旅行予約サイトで値段をみていると
なかなかよくわからないサイトがたくさんでてきました。

どういう事かというとハワイに行きたいのに近隣の国やオアフ島なのにハワイ島も同じ
ようにでてきたりと見づらいサイトがかなりありました。

設計上いろいろ工夫しているのでしょうが、全ての人が使いやすいシステムなんてないのかなって思いました。

でも先月白浜の予約をした時に使った国内サイトですが、これはとても予約もしやすくて
便利な機能もあってわからなければ電話対応もしてくれるので良かったです。

最終的には電話対応がスムーズですね。
自社でシステム開発をしてみたいと思うことが多々あります。

会社を経営していると、どうしてもスムーズな経営などのシステムを構築していきたいものになっているのです。
より快適なシステムを構築することができたときには、運営もしっかりと行っていくことができるような気がします。
そこで、どのような方法があるのかといいますと、システムを構築してみたり、開発をすることができる専門的な技術を持っている方がいるとよいのですが、会社の中には、そのような人材がいないということになりますと、システム開発会社の方二相談をしていくことが良いと思います。
プロのシステム開発者の方になりますと、より安心して任せることができますし、万が一のトラブルのときにも正しい知識で対応をしていただくことができるそうです。
システムというのは、どうしても効率よく作業をしたいと思っているような方にとっては、欠かせないものになっているので、専門家の方にイメージを伝えて開発をしていくと良いと思うので、まずは相談すると良いです。コンサルティングできる会社であると業務のことがよく理解しているのでなお素晴らしいと思います。高額な投資になりますので慎重に検討しましょう。そんな悩んでいるときはシステム開発の専門ポータルサイトで一括見積もりなんかもいいと思います。


IT関連の業種が盛り上がりをみせているので、何らかのIT関連の職場で働きたいと思っているならば、WEBシステム開発やスマートフォンアプリ開発の現場がお勧めです。
WEBシステム開発やスマートフォンアプリ開発は、これからもどんどんと需要が伸びていくと思われる現場ですので、各社ともに技術者獲得にかなり積極的なのです。
もし自分が優れたスキルを身につけることができたなら、この未来のある業種で重宝されることになるでしょう。
WEBシステム開発やスマートフォンアプリ開発に携わる気があるなら、できるだけ早く業界に飛び込んでいきたいものです。
WEBシステム開発やスマートフォンアプリ開発に飛び込んでスキルや知識をある程度身につけておくことが重要です。
伸び始めてから、これらを始めても手遅れになる可能性もあるため、できるだけ早く就職を考えたいところです。
WEBシステム開発やスマートフォンアプリ開発に携わる気になったなら今すぐ行動をおこしましょう。

WEBシステム開発で、勤怠管理をして事業を成功させましょう!

会社や事業を成功させるのも、失敗させるのも、人物金という
図式は、今も昔も変わりません。
ただ、人の部分のウェートが
より多くなっているといえます。
以前なら、戦後復興でみんなが真面目に働き、今のように
情報が多いわけでもなく、それによってイデオロギーが
多かったわけでもありませんでした。
雇用形態も限られていましたし、
ひとつの会社に骨を埋めるというのが当たり前でした。
さらに、団塊の世代でもバブル期に企業戦士と言う言葉も生まれ
会社のために過労で無くなる人がいるほど、仕事に全てを捧げていました。
ですから、人の部分は真面目な日本人のおかげで、ほとんど
考える必要はありませんでしたが、現代は、沢山の雇用形態
があるわけでもなく、色々な情報があふれているので、人こそが
事業を左右するものであり、勤怠管理が必要になってきます。
そこで、非常に効率がいいのが、WEBシステム開発ですね。
これが成功すれば、この問題についてはほとんど解決しますよね。

 

WEBシステム開発でFacebookアプリ開発する応用力とは

応用力が発揮できるWEBシステム開発でも光っているFacebookアプリ開発というのは、多くの人たちがそこに未来のネット関連の情報やサイトへの理想を見ています。
特にこのような大勢が参加するコミュニティで使われるアプリはそれだけ使いやすさが求められているのです。
目をひくような特徴を持つアプリには、使い勝手の良さが一番のネックになってきます。
特に最近は大学生や高校生が作るアプリがかなり視点が斬新で、使っている人の多さが話題になっているのです。
このような形でネットに関わりを持つ人も増えており、たくさんの分野から注目されています。
実力のある人はセンスもあり、この手のアプリを作って使う人たちにはもともとの素質があると聞いています。
特にネット社会は資格も何もなしで才能のみが通用する一面もありますので、若くても能力次第でかなり知名度が上がっている人もおり、そういう点から言ったらかなり希望が持てる業界なのだと思います。

 

クラウドを活用したWEBシステム開発で就業管理

私の勤務先では、古めかしいことに、3年前まで紙の申請書に
始業時間と終業時間を記入して毎月月末に人事に提出していました。
しかも、各部署の事務の女性が、部員に「就業記録だしてくださーい」と
声を掛けまくり、記入間違えなどがないかチェックしてだしていたので、
各部署のこの業務を任される女性達は「月末は休みたいのにやすめない」
という状況でした。
そんな時、わが社にも新しい風がふきこみ、
就業管理をWEBですることになりました。
WEBシステム開発に投資!です。
最初は新しいシステムを導入する事に
ややしり込み気味だったおじさんたちも
一旦操作を覚えたら、案外おきに召したようで、
さくさく就業管理を利用しています。
この新しい就業管理システムならば、
お休みなどの申請は家のpcなどからもできるので
、「忘れる前に休みの申請しておこう!」
なんて事も可能です。
人事部も簡単に勤怠集計や、残業時間の記録、未消化休暇日数などを
チェックできるので、皆が大助かりの便利なシステムです。

 

クラウドを活用するWEBシステムには当然素晴らしい効果があると思います。最近松山ケンイチさんがでている日産自動車のCMでスマートフォンを見ながら電池の充電量を確認できるとありましたが、あれがまさにクラウドで日産の車からネットを経由して一般の人がクラウドを活用しているのです。素晴らしいハイテクなシステムのように見えますが、意外にそうでもありません。あの車を購入すると毎月通信費がかかってしますのか確認したいところですが、これから家の電気量など様々な活用がクラウドとWEBシステムで使われる事が想像できます

未来型のシステムが今まさに広がっていこうとしている最中ですからこれからスマホを活用したシステム開発は更に進んでいくことでしょう。

 

クラウド型システム開発の課題

| トラックバック(0)

クラウド型システム開発の課題は一体どのような課題があるのでしょうか?いろいろマイナスの考え方なのでどうかと思うのですが、勿論便利になる事のほうがたくさんあると思うのですが、あえてマイナスの問題を考えてみようと思います。

一つ目はクラウドですから当然インターネットを使うわけですから回線がつながらなくなってしまうと使用できないデメリットはあるのでしょう。そして高速インターネットがまだ普及していない地域もあるようですからその地域では少し低速の使用ということになるので運用としてはどうかという疑問はあります。

二つ目はクラウドですからWEB系の開発ツールを使って開発していますので使い勝手という意味では高速のタイピングが可能なのかという疑問があります。それも開発能力にみ影響する話なので一概にはいえないことは承知なのですが比較的という話です。

三つ目ですが、セキュリティーの不安です。最近情報をハッキングする犯罪が発生していますが、重要なデーターを簡単に抜き取られた時にリスクは考えないわけにはいかないでしょう。それらトータルで対策をどのあたりに置くのかによっても変わってくるのですが、まだいろんな問題はありそうです。

クラウドの進化が日本の成長を牽引すると私は考えています。それはクラウドには今のようなゲームなどで使われる技術だけではなく、電気などのインフラと関係するとてもおおきなシステムが関係してくると考えるからです。例えば電気自動車になった時の事を考えると、充電気を装備した駐車場があちらこちらに必要ですが、その時の決済などはクラウドが使われるとかんがえられるわけです。顧客ごとのサービスとして駐車場の充電場所などともリンクしていたりすることで、スマートフォンに位置情報を送信するシステムなどさまざまな機能がクラウドの技術を使って運用されることが予想できます。そして家庭向けの太陽光パネルもスマートフォンで管理できるようになると家中の家電の使用状況などを確認したり電力の使用量などを確認することもできるでしょう。

新しい技術でいろんな事を可能にするのが技術革新であって国内のクラウド投資は数十兆円に上ると資産されているそうですからその規模は半端ありません。システム開発も活発化し運用面でも投資が広がると日本経済の浮揚の起爆剤になるのではないかと思います。

 

 

介護保険システムもクラウド化

| トラックバック(0)

介護保険システムもクラウド化が進んでいます。当然の流れのように感じるのですが事業所側にとても大きなメリットがあるのがわかるからです。それはクラウドによってネット共有できるようになると事業所間のケアプランのデーター共有が可能になり今はFAXなどでやり取りしているデーターをネットでリアルタイムに繁栄させることができるので正確な各事業所のシステム状況を把握する事ができるのです。同法人のデーター連携は介護保険制度の仕組みでサービスを提供している企業であれば理想的な形といえるでしょう。クラウドがもたらす未来の可能性を引き出すのは私達開発者にかかわってくるといえるのでしょう。介護システムがたくさんの事業者がから便利になったと言ってもらえることができるシステム会社の未来は明るいと言えるでしょう。

 

 

WEBシステム開発の課題を解決することはとても重要なことでしょう。様々なシステム開発会社が、困難を乗り越えて行くことができるとそれは素晴らしいことではないかと思いますが、現実は質の問題を考えるとなかなか今の基幹系のシステムの操作性には遠く及ばないのは勿論開発者だけの問題ではなくまだまだ開発ツールの向上が待たれると言う事でしょう。アンドロイドOSの中で開発が普及すると思いますのでそこで様々な技術が出てくる事を期待します。WEBの可能性は無限に広がりつつあります。可能性を感じる事ができた人は積極的に参画していき更に技術が進歩し革新的なシステムが世に送り出されることを私は想像しています。

 

プロセスチェックで目標達成することは、プロジェクトを達成するための大切な要素です。システム開発は開発者の管理がてっていされていなければ納期の達成はとても大変な物になるのです。細かなプロセスを設定して行動することを進めています。海外などに開発の拠点を置いている企業などは更にそのプロセスの管理は重要になってくるでしょう。おおきなプロジェクトなどであればすぐに修正することはできませんから一旦納期が遅れだすと後で取り返しがききません。そんな肝心なことを抜かして考えるとトンでもないことになるでしょう。

システム開発で外注を使うと関係ないように思うかもしれませんがそれはまったく逆で信用問題に発展しますので外注とはいえそこの管理は徹底する必要があります。私達の考える開発プロセスは細かいない工程で管理されているのです。

 

大手メーカーのクラウド化の動きにつきましてはかなり活発化しており昨年などはクラウド元年といわれるくらい力をいれているようです。インフラ関係のシステム開発などは大手は積極的でNTTデータなどはかなりのパワーがそこに向いているのではないかと推測されます。富士通などもクラウドは本格化してきているといってますので今後の各社の競争は激化してくるでしょう。

中小のベンダーはと言いますと、まだまだ基幹システムの開発は中小企業のにおいてもクラウド化は進んでいないと思われますが、徐々に検討はされていることは間違いないでしょう。安定したシステム運用がもとめられる基幹システムについてはなかなか慎重な意見はあるようで、積極的な企業とそうでない企業の差はかなり開きがあります。

企業のクラウド投資はこの10年で何十兆円に上ると資産がでています。基幹システムもクラウド化することは間違いないのですが次期的な問題はありそうです。

WEBで活用するための基幹システムとは一体どのような物なのでしょうか?基幹システムのクラウド化は正直なかなか広がっていませんが、それには何点か問題があります。それは基幹系のシステムは既に10年以上同じシステムを使用している企業がほとんどでバージョンアップはされていると思いますが、基本的にスクラップビルドはしません。企業もリスクをそこまでとって環境を変えたいと考えていない事があると思います。

そして基幹システムは企業ごとにかなりのカスタマイズを施していますのでその仕様にあわせて作りこもうとすると莫大なコストがかかると考えられます。そして最後にスピードです。インターネットを使うと言う事はそのスピードに疑問視している方が多数おられます。ホームページでさえスピードが遅いのにシステムを運用するレベルのスピードを確保できるのかという問題です。完全にクリアするためにはかなりのコストがかかるでしょう。

 

 

システム開発の基本はプラットフォームの設計

クラウド化の波もかなり押し寄せてきている昨今ですが
日本の商習慣にあわせた基幹システムは、まだまだ日本のメーカーの
独自OSで稼動しているシステムがほとんどで

中小企業でもクライアントサーバーシステムで稼動しているところが
90%くらいあると思われます。

ではクラウドへの移行はどうなるのでしょうか?そこはおおきな
疑問があると思います。しかし私の見解はと申しますと
パソコン上のOSはこの5年以内に間違いなくアンドロイドが
対等してくると予想しています。ウインドウズが対抗するでしょうが
この動きにはどうする事もできないでしょう。

そう考えるとWEB化はすぐに到来すると予想できます。
新しい言語が登場したりJavaなどが更に進化すると思われます。

この10年はおおきな変革の年になるでしょうから
今のうちから準備が必要かもしれませんね。

クラウド型の勤怠管理システム

| トラックバック(0)

クラウド型の勤怠管理システムの導入を検討しています。

弊社もそろそろ勤怠管理を導入する時期に来たと感じており

今までのようなアマノの勤怠かそれともクラウド型の勤怠管理か

少し悩んでいましたがクラウド型のシステムは導入コストも安く

サーバーの管理も不要でとっても便利なシステムがたくさんありました。

機能も高く残業の管理や有給管理など簡単に管理者が管理する事ができ

給与の計算も複雑なアルバイトの管理もバッチリです。

回線がとても早くなりましたので安定したシステムを導入することが

できるようになりました。これもクラウドのおかげではないかと思います。

様々なWEBシステムが今後リリースされると思いますが

熾烈な競争が予想されるでしょう。

クラウドとパソコン生活

クラウドとはパソコン上のソフトをインターネット上で使うことが出来るシステムのことを言います。
このように社会の流れはコンピューターを中心に回っていきます。
なぜコンピューターが中心になるのかと言うと、コンピューターがとっても便利だからです。
人間は愛や優しさを欲します。
しかしそれ以上に便利さを追求してしまうのです。
このように便利さを追求すると大人達は自分のやりたいことができるようになります。
しかし子供の視線はどうでしょうか。
子ども達に必要なのは愛情です、優しさの表現です。
交換です。
それが出来ないだけでストレスになってしまうのです。
そのため子ども達がすくすくと育っていく環境にインターネットは要らないのです。
必要なのは大人の視線です。
見ると言うことと聴くと言うこと、触るということです。
子供のときからコンピューターに触れていると便利さがわかりません。
不便さを時間してこなかったからです。
争いはなくなりませんが、争いを見ないで育つと、1つ1つの便利さが分からないのです。

自分のパソコンをサーバーとして利用したり、もっと大きな規模の
ものなら、会社でサーバーを置いて、WEBシステムを稼動させたり
出来ますが、クラウドで行う方が、より優位性を持つ事が出来ます。
例えば、クラウドを利用した場合、サーバーとなるパソコンも
いりませんし、自社サーバーを置くスペースも必要ありません。
さらに、ショックを与えたり、水をかけたりして故障したら、
とんでもない事になりますが、クラウドならその心配もありません。
それどころか、どの端末からも操作できるのは大きいです。
場所を問わず、稼動させられますので、便利ですよね。
何より、セキュリティーも万全です。
サーバーとして利用している
パソコンを盗まれたり、忍び込まれて触られたりしたら、目も当てられ
ません。
自社サーバーでもそういった危険性をはらんでいます。
クラウドでWEBシステムを稼動させれば、その点も安心です。
しっかりとしたセキュリティを保障している業者を利用すれば
万全ですからね。

WEBシステムにクラウドを採用するメリット

オフィスなどのシステムでWEBシステムを稼働させる場合、運用していく上でいくつかの課題が生じます。
その一つが、運用のしづらさです。
システムやインターフェイス画面をバージョンアップした際、それぞれのクライアントにインストールし直す作業が必要になります。
クライアントであるパソコンの台数が数台であればすぐに終わります。
しかしフロア全体、さらにはビル全体のパソコンへ入れ直すとなると、かなりの作業量になります。
そうした煩わしさを解消してくれるのが、WEBシステムをクラウドで稼働させる方法です。
クラウドの場合は常にクライアント側のパソコンから、ウェブ上のサーバーへアクセスしてタスクを渡す仕組みになっています。
つまりクライアント側では処理に必要なデータを渡すことさえ出来ればよく、処理してくれるシステムのバージョンを気にかける必要はありません。
単にサーバー側でバージョンアップすればいいので、必要な作業量は格段に減らすことができるのです。

クラウドとWEBシステム

IT関連のことについて言えば、パソコンのセットアップは自分でできますが、それ以外の専門的なことはできません。
というよりは、専門知識がないのになまじやろうとすると、パソコンを壊してしまいかねないので、あまりにも専門的なことは専門家に任せてしまおうと考えます。
たとえば、クラウドでWEBシステムを稼動させる、などと聞いても、何のことやらさっぱり分かりません。
IT関連は、用語の独特さを理解するだけでも大変です。
クラウドとは、一般的にクラウドコンピューティングのことを指していうそうですが、これもさっぱりわかりません。
クラウドを訳すと雲という意味になりますが、このクラウドコンピューティングは、「雲」という言葉で、インターネット上にあるデータの所在を意識しない領域、というニュアンスを表現しているそうです。
このクラウドで稼動させるWEBシステムとはどのようなものなのか、今後、機会があれば勉強してみたいと思います。

クラウドでWEBシステムを稼働したいなら

WEBというのは非常に使われているものになっているのでさまざまな分野で非常に活躍しているのですが、こちらをスムーズに安全にシステムを稼働させようと思いますとしっかりとしたシステム構築が必要になっているそうです。
いろいろなものがあるからこそ、しっかりとしたシステムを構築して稼働させていくことが重要なのですが、企業からしますともちろん、安心して使うことができるというのは重要なものになっているのですが、それ以外でもコスト面なども重要な部分になっているそうです。
導入を検討している企業などは、稼働をするときには、初期費用をあまりかけずに行っていきたいと思っていると思うので、クラウドでWEBシステムを稼動していくということは注目になっているそうです。
クラウド型になっているので、初期投資が最小限に抑えることができるということなので、魅力的なものになっているそうです。
専門の方などにしっかりと相談をしながら行っていくとよいそうです。

クラウドコンピューティングについて

最近クラウドコンピューティングに注目が集まっているようです。
これはインターネット上に保存する使い方で、パソコン・携帯電話・スマートフォンなどにデータを保存することがありません。
今までは情報の中心にパソコンがあったのですが、今後はインターネットが中心となって活動していくことになるのだと思います。
というのも、自分の持っているパソコン・携帯電話・スマートフォンでデータを共有することが可能となるのです。
そうすることで、データの管理が簡単になるのです。
たとえば、携帯電話で撮影した写真をパソコン・スマートフォンなどでも共有することができるのです。
そして、そのデータは特定の人々とデータを共有するグループウェアという使い方もできるのです。
たとえば、仕事で会社全体でデータを共有することが可能となります。
そうすることでリアルタイムでデータを共有できるため、スピーディーに仕事を進めていくことが可能になったのです。

今や、オフィスワークに欠かせない存在となったパソコンですが、何よりも必要なのはアプリケーションソフトウエアです。
いくら高機能のパソコンを用意しても、アプリケーションソフトウエアがなければ仕事になりません。
またデータも重要なものであることは言うまでもありません。
仮にパソコンが壊れてしまっても、データさえ無事なら仕事は継続することが可能です。
つまり仕事をするのに必要なのは、パソコンではなくデータとアプリケーションソフトウエアなのです。
そのアプリケーションソフトウエアですら、パソコンにインストールせずに、インターネット上で利用できるオフィスアプリケーションソフトウエアを使おうという動きもあります。
そういう考え方を後押しした技術として、クラウドの存在があります。
クラウドとは雲の意味ですが、コンピュータネットワークやシステムの図を描くときに、サーバを雲で表現することが多かったことにちなみ、インターネットを介してアクセスし、データを格納したりネット上で利用するアプリケーションソフトウエアを提供するサーバをクラウドと呼ぶようになりました。
クラウドは、データやアプリケーションソフトウエアをパソコンという物体に依存せずに保管し運用するための技術として、今後はますますコンピュータを使う仕事に欠かせないものとなるでしょう。

おおざっぱにまとめれば、インターネットをベースとしたコンピュータの利用形態をクラウドといいまして、このクラウドを、ウェブサイトの更新や、データベースの更新に利用しようというのが、クラウドによるWEBシステム運用ということなります。
通常であれば、WEBシステム運用のためのソフトウェアをインストールしてあるコンピュータを自社に置いて、そのコンピュータから、ウェブサイトの更新や、データベースの更新を行なうわけなのですが、クラウドを使うとそうではなくなるわけです
WEBシステム運用のためのソフトウェアは、インターネット上のサーバーに納められていて、ウェブサイトの更新やデータベースの更新などを行なう時には、インターネットに接続して、インターネットを経由してサーバーに納められたソフトウェアを操作するのです。
こうすることで、WEBシステム運用のためのソフトウェアがバージョンアップしても、自社の方では何も対処せず、問題なくインターネット経由で操作ができるようになるという、効率性のアップとバージョンアップコストの削減が図れるといわれています。
技術の革新により、さらなる発展を期待しています。

クラウドとはなにか

知り合いの方で、ヤフーメールやGmailなどをパソコンにインストールしないで、インターネット経由でサービスが利用できるのがクラウドだと友人から聞いたそうですが、個人ではなくて、会社での使用方法はどうなのか気にしているようなので、調べてみたのですが、クラウドコンピューターという言葉には定義が内容で、クラウドとはインターネットのことをさしていて、インターネット経由して、ソフトウェアやサーバーを利用することをコンピューティングといわれているそうです。
したがって、yahooメールやGmailなどのサービスはSaaSの一種とみなすことができて、クラウドに含まれるのかもしれないようです。
一方、社内にサーバーを設置してWebシステムを構築した場合は、社内Webシステムであり、クラウドには含まれません。
社外のサーバーを借りる場合については、あるサーバーを専用に使用する場合は、クラウドでは内容で、一般にクラウドと呼ばれているのはPaaSと呼ばれるもので、ユーザーはさあーバーを使用する期間や処理能力などを指定して、好きなアプリケーションを動作できるようですが、専用のサーバーを指定することはできないそうです。

クラウドでシステムを構築しよう

最近、やたらと聞くのが「クラウド」って言葉。
最初聞いた時は「なんやそれ?」って思いましたが、何度も聞いてるうちに「クラウドやなぁ」なんて思うようになりました。
素人には「サーバと何が違うんや」と言う疑問がぬぐえないのですが、クラウドって言っておけば最新のテクノロジーみたいに聞こえるので、ちょくちょく使わせていただいております。
しかし、良くわからないけどなんとなく「クラウドって便利らしい」って気持ちが強まってきて、いわゆるクラウドサービスってやつを使うようになりまして、それなりの便利さを実感するようになりました。
このクラウド、ローカルPCでやっていたことを、ネット上のサーバーで行うってことなんでしょうが、意外なところで便利さを感じます。
要するにパソコンでもスマホでもアクセスできて、データが共有できるんですね。
こんな便利なツールですから、今後も需要はどんどん伸びるように思います。
ということで、ビジネスでクラウドが活用できるシステムを構築するってのは、ビジネスチャンスなのかもしれません。

最近のブログ記事

ウェブページ